可愛くとがった顎を手に入れるためのプチ整形について

鼻の頭と顎の先を結んだ線よりも口が出ていない、ちょんととがった可愛らしい顎が美人のしるしとされているそうです。たしかにツンと小さくとがった顎は活発そうで口元も締まって見えて、女性の目からみても魅力的だと思います。顎を尖らせる整形は手術をしてシリコンを挿入する方法もあるみたいですが、手術までするのはちょっと、と思ったりお金もかかるので、そういう場合にはもう少し手軽に注射で施術するという、プチ整形ができるそうです。


顎を尖らせるプチ整形で使うのは、ヒアルロン酸です。これはもともと体内にも存在する成分なので拒否反応などの心配も少なく、アレルギーも起こしにくい安心なものだそうです。まず、目標の顎ラインのカウンセリングを素に注入する場所を決めてペンでマーキングします。塗る麻酔をした後に少量ずつ仕上がりをチェックしながら丁寧に注射していき、全体でも数十分で施術が終了するそうです。メスで切ったりしないので腫れたり出血したりもなく、そのまま家に帰れるといういたって手軽な方法だそうです。


これでラインは数週間で綺麗に整い、理想のツンとした顎になるそうです。だいたい3年ぐらい効果が持続し、その後は体内に自然に吸収されてしまうので取り出す心配もありません。施術料金も、5万円ぐらいからと比較的安く済み経済的です。ヒアルロン酸の種類によってさらに3倍ぐらいの期間長期に効果のあるものもあるようで、お値段も約3倍になっていました。メイクや洗顔は施術直後から、シャワーなども当日から使用可能なようです。これだけ手軽でしかも安心な技術が発明されてくると、美しくなりたい女性にはとても嬉しいと思います。

顎を出したい、削りたい、それぞれの整形方法について

顎のラインは顔の形を大きく左右するので、調べてみると女性でも男性でも結構多くの方が希望している整形なのだそうです。顎の整形には、つんととがった顎を出して顔のラインを整えて小顔効果を持たせたい、丸顔を脱却したいという場合と、出すぎている顎やエラのラインを削り取ってスッキリさせたい場合とがあるようです。出したい場合、削りたい場合どちらのニーズにも合った整形技術がそれぞれ存在するようなので紹介したいと思います。


まず顎を出すための整形方法ですが、一般的に一番多いのはシリコンプロテーゼというものを顎に挿入する方法です。これは歯茎の付け根当たりを少し切開し、そこから希望の顎の形をもとに選んだシリコンプロテーゼを挿入・固定し、テーピングをして腫れを