顎の整形の流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 顎の整形の流れ
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

顎の整形を望む女性は数多くいるようです。顎のラインが細くなるだけで、顔が小さく見えて、可愛らしく見えるためというのが理由のようです。今では芸能人だけでなく、一般人もプチ整形として顎を整形しています。顎の長さは、下唇の一番下の部分から顎の先まで、女性は35mm、男性は38mmが平均的とされています。これに、顎の横幅や、鼻と顎の角度、バランスなど、数多くの要素が、顎の整形の重要な要素になっています。


また、顎と顔全体のバランスも考慮した上で、顎の整形は行われます。では、実際に顎の整形の流れはどのようなものでしょうか。顎を整形したいという人は大抵、顎の長さを気にしている人が多いようです。整形外科では、まず初めに顎の長さの測定をします。先ほど述べた平均値よりも長い場合は、顎を短くする手術が適応されるようです。また、顎の短縮とともに、顎を前に出したいのか、顎の幅を細くしたいのかの要望に応じて、どの方法で手術をするのかが変わります。


顎の短縮幅が大きい場合は、中抜き法で整形手術が行われます。最大で1cmの短縮が可能となり、全身麻酔をして行われます。時間は一時間半ほどです。角度によっていくつかのバリエーションがあるので、自分の望む通りのラインが実現できます。顎の短縮幅が小さい場合は、いくつかの方法を組み合わせて手術が行われます。5mmほどを短縮するなら、まずこちらの方法が優先されるようです。また、こちらの方が神経への負担が少なく、違和感が小さくなるようです。