顎の整形がもう少し痛そうでなければ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 顎の整形がもう少し痛そうでなければ
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

顎というのは人の顔のほんの些細な小さな部分ではあるのですが、以外に重要な役割を果たしています。顎の形一つで顔の印象も結構違ってくると思います。顎を整形したい理由としては、顎が長い・顎が横に大きい・顎が極端に奥に引っ込んでいる・顎が前にせせり出ている・顎が小さい(縦に距離が短い)などの理由があると思われます。自己満足の世界なのでどんな顎が一番良いというのは他人の意見で決めることは難しいですが自分なりの理想の顎を目指して顎の整形というのは行われるのだと思います。


顎の整形を行う方法として、まず引っ込んでしまっている顎を前に出すためにはプロテーゼ挿入という方法があるようです。口の中から顎の中にプロテーゼという骨の代わりの物質を入れそこに理想の顎を作り上げるのです。こちらは効果は半永久的です。しかし口を切って物を入れるのに抵抗がある方は、ヒアルロン酸という液体を顎に注射器で注入して行うプチ整形という方法もあります。こちらは効果は半年ほどなので永久的なこうかは望めないけれど、プロテーゼまでやる前に試しに行ったりするにも気軽で良いかと思います。


同じ用に顎が小さい、短い場合も同様な方法があります。小さい、引っ込んでいるというのであれば何かを足してその足りない部分に付け足せばよいのですがあごが長い、大きいという場合は顎の骨を削るという整形方法になるかと思います。こちらはヒアルロン酸のように注射で骨を一時的に小さくするなどという方法は無いので試しに一度ということなく、削るか辞めるかという決断になるように思えます。しかしそれほどまでしても理想の顎を手に入れたい方にとっては嬉しい医療行為になるのだと思います。小さな華奢な顎って女性らしく見えるし、私ももしできるならもう少し顎を整形で小さくとがらせたいなと思います。でもちょっと怖いなって思うので手は出せないのですけれど、色んな方法があるのだなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + thirteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)